Webサービス

文賢は複数の校正ツールを組み合わせるとよい

有料の文章校正ツールで必ず上位に表示される「文賢」を導入しましたので、レビューの記事を書きます。


文書校正ツール

私ははWebライターをしているので。クライアントに文章を納品するので、成果物にいろいろと気をつかっています。

誤字脱字はもちろんのこと、クライアント毎に言葉のレギュレーションがあり、ルールを守りながら納期までの入稿するのは大変でした。また誤った文章で納品すると、校正さんのチェックで仕事が戻ってくるので、二度手間になる部分も気にしていました。

無料のツールを駆使すると、ある程度誤字脱字を発見してくれたり、文章でおかしい部分を指摘してくれたりします。中でも私は下の3つのツールを使っていました。

・日本語の文章のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック/校正 | enno.jp
・解析結果 -オンライン文章校正支援サービスPRUV(プルーフ)-
・簡易NGワードチェッカー

中でも「enno.jp」の誤字を見つける精度は評判通り高く、活用してきました。

「PRUV(プルーフ)」は主には文法のチェックとして使っていました。ユーザー登録することで、十分に使えるようになります。

「簡易NGワードチェッカー」はレギュレーションで使ってはいけない言葉のチェックに使っていました。600文字程度の単語を登録していました。検索も一瞬です。

なぜ、文賢を利用しはじめたかと言えば、これらのツールで補えない点があったからです。

「簡易NGワードチェッカー」は文節の切り方でレギュレーションの言葉を発見できないことがあります。

「PRUV」のユーザー辞書の登録は100件で数が足りません。PRUVの有料版が使えるか問い合わせをしましたが、企業向けだけとのことで、個人の有料化はできないとのことでした。

文賢は使えるか?

実際に、この記事の作成過程で文賢からの指摘を一部スクリーンショットで残してみました。

校正前:たくさん指摘がありました。

個別にはこのように具体的に指摘が入ります。




文賢が苦手なこと

文賢を使ってみて感じたのは校閲に関しては、見逃すことが多いかなと。文言で校閲支援、推敲支援した文章を「enno.jp」、「PRUV」にかけると誤字を見つけることがありました。

校正については文賢の広報担当の人も言われていましたが、「辞書」にない言葉の間違いを見つけるのは難しいところもあるとのことで、他のツールの併用を薦められました。

幸い、enno.jpもPRUVも無料ツールなので、文賢と組み合わせて使えば、今以上に精度と効率があがるのは間違いないです。

文賢が得意なこと

逆に文賢からの指摘ですごいと思ったのは、以下のことです。

・「ですます」を3回繰り返しており、単調になっています。体言止めを使いましょう
・50文字以上の文章に読点が少ない

など、文章の指摘。自分では気がつきにくいものです。文賢の売り文句では「100を超える視点で、文章の読みやすさやわかりやすさをチェックし、改善点を提案します」とありますが、文章の推敲では大切です。

また、音声で読み上げてくれる機能があるので、自分の耳で不自然な文章がないかチェックできます。

あと、ユーザー辞書に登録してあるクライアント毎のレギュレーションも表示してくれ助かります。

文賢に向いている人

文賢は初期費用11,880円、月額2,178円と安い部類ではありません(私にとって)。

私のようにWebライティングでクライアント毎にレギュレーションが違う文章を書く人には、便利だと思います。実際クライアントにより500単語以上ルールがあるケースも。クライアントに応じて複数の辞書を切り替えられるのは作業効率が向上します。

後は外部に向けて文章を発信する人。対外的に使ってはいけない言葉やわかりやすい表現をしたい人には向いているでしょう。

少し用途は違いますが、ブログを書いている人は、文賢からの指摘でライティング技術が高くなると思います

初期投資11,880円です。あとは毎月2,178円ですから、たくさん文章を書く人は、あっという間に元が取れると思います。


記者ハンドブック
ライター必須の「記者ハンドブック」小説を書くには統一された用語を使う必要はありません。企業で働くライターには校正という人がついてくれるので誤字脱字をはじめ表記ゆれなどの心...
ABOUT ME
吉田 博史
三度の飯より、猫が好き。3匹の猫と同居して、毛まみれで生活しています。他には熱帯魚を飼育しています。妻、大学生の娘、高校生の息子の4人家族で、山口県に住んでいます。コンピューターネットワークの構築の仕事に長く従事しています。電子機器の取り扱いは得意です。
au PAY マーケット
Tameseba

Tamesebaは、世の中に出回るいろんなモノ、コトの試したことを紹介する場です。自分が体験したことを中心に、ネット情報、旬の情報、お得な情報をお届けします。