猫用品

猫に家を壊される! その前に

猫

家の壁紙がボロボロになる前に、なんとかしたいですね。しかし、猫にとって爪とぎは、本当です。止めさせることは、できません。人間が、工夫をするしかありません。

猫の爪とぎは本能です

猫の爪とぎは、次の理由からするそうです。

  1. するどい爪の維持
  2. マーキング
  3. リラックスや気分転換

完全室内飼育では、鋭い爪でエサを獲る必要はありませんし、縄張りを主張する必要もありません。止めたくても、止められないのが本能なのでしょう。

猫の爪とぎ対策

爪とぎ器を使う

一つ目の対策として、爪とぎ器を使う方法があります。これは子猫のうちにしつけると効果的です。というのは、猫は、爪が研ぎやすいところで、爪を研ぐので、爪のひっかかる素材の爪とぎ器は、効果的です。
爪とぎ器には、何種類かあり、猫の好みを見つけてあげましょう。

ダンボール
カーペット

材質により、紙くずがでるとか多少の違いがあります。しかし、一番のポイントは、猫が爪を研ぐか、です。

例えば、布のソファーで爪とぎをしているのであれば、それとは違う材質のダンボールを使うという選び方です。また、テリトリーを意識して、部屋の入り口近くに設置するのも効果があります。
猫の手をつかんで、爪とぎ器を使う真似をしてみたり、猫が好むマタタビを使って、爪とぎ器に近づけるのも良いです。
しかし、これで改善できないこともあるのです。我が家のように・・・

壁紙などに保護シートを貼る

わが家の猫は、爪とぎはしなかったものの、夜の運動会で、壁を蹴って、宙返りをしていました。蹴る場所は決まっていたので、そこに保護シートをはりました。

多少、見た目は悪くなりましたが、壁紙全体を張り替えるようになることを考えるとずいぶんマシです。そして、猫も3歳くらいになると、落ち着くので不要になりました。はがせるタイプのものを選んだので、安心でした。

 

猫は、犬のように、しつけをする動物ではありません。猫を怒っても、「怖い」と恐怖を感じさせるだけで、意味がありません。
人間側の工夫と、譲歩が猫との暮らしの楽しみです。

ABOUT ME
吉田 博史
三度の飯より、猫が好き。3匹の猫と同居して、毛まみれで生活しています。他には熱帯魚を飼育しています。妻、大学生の娘、高校生の息子の4人家族で、山口県に住んでいます。コンピューターネットワークの構築の仕事に長く従事しています。電子機器の取り扱いは得意です。
au PAY マーケット
Tameseba

Tamesebaは、世の中に出回るいろんなモノ、コトの試したことを紹介する場です。自分が体験したことを中心に、ネット情報、旬の情報、お得な情報をお届けします。