クラウドソーシング

ランサーズの振込手数料を一番安くする方法を紹介します!

ノートパソコンとスマホ

副業解禁やコロナ禍の自粛の影響で、クラウドソーシングの界隈がにわかに活気づいています。そういう私もランサーズ(Lancers)でフリーランスのライターをしています。ランサーズの報酬は銀行振り込みで支払われるのですが、この振込手数料が高いのです。550円取られるのです。最近、これを安くする方法を見つけたので、ご紹介します。

ランサーズの振込手数料

手数料

まず、ランサーズの報酬の仕組みを説明します。ランサーズはクライアントとランサーとよぶ働き手をつなぐプラットフォームの会社です。ランサーズが仲介することで安心してお互いに取引ができます。その代わりにシステム利用料が20%かかります。

契約金額2,000円
システム利用400円
報酬1,600円

上記のようになるわけです。支払いは報酬が1,000円を超えた場合に銀行に振り込まれます。締め日は毎月15日と月末です。支払いは15日までのものが月末に、月末までのものが翌月の15日に振り込まれます。

そして報酬が銀行に振り込まれるのですが、最初はギョッと驚きます。「振込手数料550円……」、それは高すぎるのではないか?しかし、仕方がないものと諦めていました。

ランサーズの口座を楽天銀行にすると振込手数料が安くなる

パソコンをする女性

実はランサーズの振り込み講座を楽天銀行にするだけで、550円の振込手数料が110円になるのです。これについては、大きく説明されていませんが、FQAにさり気なく書かれていました。

獲得報酬の振込先口座について、楽天銀行(振込手数料は110円)を指定しているのに、振込手数料が550円と表示されている場合、銀行選択時のプルダウンメニューで楽天銀行を選択していない可能性がありますので、設定について下記をご確認ください。

報酬の振込先口座に楽天銀行を指定していますが、振込手数料が550円と表示されています(ランサー向け)

ランサーズ用に楽天銀行を開設するのは簡単

スマートフォンを持つ女性

楽天銀行はネット銀行ですから、開設手続きは簡単です。自宅でできます。運転免許証やマイナンバーカードなど本人を証明するものだけです。スマホで手続きをして、運転免許証の写真をとって送ったら終了です。あとは1週間くらいしたら郵送でキャッシュカードが届くのを待つだけです。

1年間、550円の振込手数料を払うと、月に2回あるので、合計13,200円にもなります。楽天銀行の110円だと2,640円。なんと、その差は10,560円!ランサーズをやっている人ならわかると思いますが、結構な金額でこれだけ稼ぐのには10時間近くかかることもあるのではないでしょうか?

ともかく、ランサーズをしている人は振込口座を楽天銀行に変えるしかない。しかも、銀行を開設することにコストもリスクもありません。ぜひ、楽天銀行の口座を開設して、10,560円を得してください。

楽天銀行口座開設はこちらから
ランサーズに興味がある方はこちらから

ABOUT ME
吉田 博史
三度の飯より、猫が好き。3匹の猫と同居して、毛まみれで生活しています。他には熱帯魚を飼育しています。妻、大学生の娘、高校生の息子の4人家族で、山口県に住んでいます。コンピューターネットワークの構築の仕事に長く従事しています。電子機器の取り扱いは得意です。
au PAY マーケット
Tameseba

Tamesebaは、世の中に出回るいろんなモノ、コトの試したことを紹介する場です。自分が体験したことを中心に、ネット情報、旬の情報、お得な情報をお届けします。